TakumiVision

不審者検出システム

画面上の人物をすべて検出して、ID番号を付けて追跡する機能を基本とし、進入禁止区域への立ち入りなど、危険度が閾値を超えたときに自動発報するシステムです。

不審者検出システム概要図

応用分野

  1. 防犯カメラ
  2. 監視防犯
  3. 画像編集ソフト
  4. デジタルサイネージ
  5. インテリジェントマーケティング
共同開発例:不審者検出システム
不審者検出システム例
不審者検出・発報システムの実証実験風景(建仁寺の勅使門)です。この検出ソフトは、某大手企業との共同開発により開発しました。
画面上の人物をすべて検出して、ID番号を付けて追跡する機能を基本としています。ある人物が、仏像などの保護対象物の周辺に近づいた場合、周辺に人が いるかどうかを判断して、危険度を計算し、危険度が閾値を超えたときに自動発報するシステムです。誤検出・未検出の環境ロバスト性の高さが高く評価されて います。
サーバから、iPadやスマートフォンへ発報するシステムも製品化しています。

応用分野

  1. 防犯カメラ
  2. 監視カメラ
  3. インテリジェント・マーケティング
  4. 人感センサー代替
  5. 店舗内の人流計測